ビットコインとは?取引所や購入方法などの基本

ビットコインとは?取引所や購入方法などの基本

ビットコインとは?

いま、世間で大きな注目を集めている、仮想通貨ならびにビットコイン。

ニュースやネットでは、

ビットコインで億万長者
ビットコインで大儲け
ビットコインが高騰中

という景気の良い話題で盛り上がっているのを目にしますよね。

そんな盛り上がりに心が反応するものの、

「ビットコインって何なのかよくわからない…」
「ビットコインで出てくる用語がなにがなんやらで理解できない…」

などと、ビットコインに注目をしているものの、そもそも“ビットコインとは?”という疑問につまづき、
二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、そんなビットコインについて、
初心者目線でビットコインとはいかなるものか?についてまとめていきたいと思います。

『今さら聞けないビットコインの基礎の基礎』をご紹介しますので、
ビットコインに興味のある方はぜひ参考にしていただければと思います。

特にこういった方におすすめです。

ビットコイン初心者
まだ取引所をひとつも開設していない人

ビットコインとは

ビットコインは仮想通貨のひとつで、インターネット上で使える通貨です。
円やドルなど、国が発行している通貨のように、使える場所が国内に限られている通貨とは違い、国境も関係ない世界共通の通貨です。

ですが、ビットコインは円やドルとの大きな違いがあります。

それは、その価値が値上がりを続けていること。

円やドルもその価値に変動はありますが、ビットコインは誕生して間もないことや利便性の高さもあって、すさまじい勢いて値上がり続けています。

発売当時は0.5円ほどだった1BTC(ビットコイン)が2017年に入って50万円を越え、今現在も上がり続けています。

投資家が大注目するのも当然!というわけです。

また、ビットコインは投資目的以外にも、日常的にお金として使うこともできます。
ネットショッピングはもちろんのこと、ビッグカメラやソフマップ、メガネスーパーをはじめ、さまざまなリアル店舗でも使うことができます。

今後はますます使える店舗も増えてくると予想されます。

使えるお店が増えれば、海外旅行の際にも、世界中で使えるビットコインなら両替手数料も不要。
将来的には現金を持ち歩く必要もなくなるかもしれません。

また、ビットコインは個人間で世界中のどこにでも銀行を使わず直接送金ができ、
送金や支払い手数料が無料or安いというのもメリットです。

ビットコインの将来性は?

こでまで、海外で取引をおこなう貿易においては、円やドル、ユーロなどを使って取引がおこなわれるのが主流となっていました。
ですが、世界情勢によって為替が変動することで、円安になったり、ドル安になったりと、不安定な状況が続いていました。

ですが、ビットコインのような仮想通貨で取引されるようになれば、為替の変動に左右されることなく、安定した貿易をおこなうことができます。

これは、世界中の国や企業にとって、大きなメリットです。

ですので、ビットコインが将来的にどんどん利用される可能性は高く、将来性も期待できるといえます。

ビットコインはどこで購入できるの?

ビットコインは取引所や販売所と呼ばれるところで売買することが可能です。
また、ビットコインATMと呼ばれているところでの購入も可能です。

ビットコイン販売所とは

ビットコイン販売所は、仮想通貨の販売店のようなもので、コインを仕入れて販売しています。
1BTCがいくらで買えるのか、あらかじめレートが決まっていて、そのレートで購入することができます。

ビットコイン取引所とは

ビットコイン取引所は、ビットコインを『買いたい人』と『売りたい人』を仲介してくれるサービスです。
つまり、売買は個人と個人になります。

欲しい枚数分をすぐに購入できるとは限りませんが、販売所で購入するよりも、割安で購入することができることがあります。

また、リアルタイムで取引がおこなえるため、安い金額で買って、高い金額で売れば、その差額で瞬時に儲がつくれるというわけです。

ビットコインATMとは

ビットコインATMはいわゆる銀行のATMのようなもので、ビットコインを市場価格に合わせて現金で出入金できるATMです。

ただ、まだまだ台数が少ないため、使える地域が限られています。
今後は普及する可能性がありますが、現段階では全国で20店舗ほどに留まっています。

ビットコインはいくらから購入できる?

ビットコインは0.01BTCから購入可能です。
例えば、1BTCが50万円の場合、5.000円から購入することができます。

小額でも取引や資産運用できるのがビットコインの魅力。
個人のお小遣いでも買えるというのが嬉しいところです。

ただし、売買には取引手数料がかかりますので、5.000円プラス手数料ということになります。

ビットコイン取引所の手数料はいくらぐらい?

ビットコインの取引手数料は取引所によって若干差があります。
安い場合は無料、高い場合は取引額の0.25%ほどになります。

ですので、ビットコインで資産運用する場合は、それぞれの取引所の手数料をしっかり確認しておく必要があります。

ビットコインの買い方・売り方

ビットコインの買い方・売り方について、取引所を例に解説します。

取引所に登録する

まず、取引所に登録してアカウントを作成します。
氏名や住所、年齢など、自分の情報を入力し、本人であることを確認するために、電話番号を登録し、免許証などの身分証明書をアップロードします。

スマホで免許証などの写メを撮ってアップすればOKです。

取引に使う資金を入金する

取引所への登録が完了したら、ビットコインを購入するための資金を入金します。

インターネットバンキングをはじめ、クレジットカードや銀行ATM、コンビニなどから入金可能です。

ビットコインを買う

資金の入金が完了したら、試しに購入してみましょう。

どの取引所にも『板』と呼ばれる売買注文板がありますので、それを見ながら自分が買いたい数量と金額を入力すればOK。

『売』から選んで買っても良いですし、自分の希望額を『買』に載せてもOK。

最初はお試し的に、『売』から選んで小額購入してみるのがおすすめです。

売りたい場合も同様に、売りたい金額と売りたい数量を入力すればOKです。

ビットコインの国内取引所

ビットコインは日本語で取引できる国内取引所がたくさんありますが、実際に取引をおこなう際は、運営している会社の信頼度やセキュリティ、手数料などをチェックする必要があります。

当サイトでも、国内の主要取引所の中から初心者でも取引しやすい取引所をご紹介していますので、参考にしていただければと思います。

ビットコインを換金するには?手数料はかかる?

ビットコインを換金したい(円で受け取りたい)場合は、取引所で日本円に換金します。

取引所に登録している口座に希望額で出金依頼をすればOK。
ビットコインATMが近所にある場合は、ビットコインATMからも出金が可能です。

ビットコインはスマホアプリでもカンタンに取引・管理が可能♪

ビットコインの『ウォレット (ビットコインを保管する財布) 』と連携できるアプリ『モバイルウォレット』を使えば、スマホで手軽に管理することができます。

ビットコインの保管や送金を行ったり、レートを確認したり、取引などをおこなうことができるので、出先でもカンタン&手軽に管理・取引できます。

外出が多いからビットコインの運用が頻繁におこなえないかも?と不安な方は、いつでもどこでも手軽に使える『モバイルウォレット』がおすすめです。

ビットコインを始める前に知っておきたい用語集

ビットコインの取引には「何それ?」と思う用語がたくさん登場しますよね。

そこで、これからビットコインを始めるにあたって、知っておきたい用語をわかりやすくご紹介したいと思います。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引記録を残す技術のことをいいます。

取引によって記録が更新されたら、インターネットを通じで世界中にその更新情報が伝えられます。

ですので、銀行などの特定の機関が管理しなくても、インターネットを通じて記録は常に更新されて伝えられ、残っていくのです。

サトシナカモトとは

サトシナカモトはビットコインの生みの親です。
日本名であることから日本人という説があったり、書かれた論文がイギリス英語であったことから日本人ではないという説があったりと、正体不明の人物となっています。

ノードとは

ノードとは、ビットコインの取引に使用しているパソコンなどの端末のことをいいます。

公開鍵・秘密鍵とは

公開鍵は全世界で公開される鍵です。

この公開鍵でビットコインアドレス(ビットコインの口座番号)がつくられています。

一方、秘密鍵は自分にしかわからない鍵です。
ビットコインを送付する際は、この秘密鍵で署名しておこないます。

自分が持っているビットコインは秘密鍵で署名することで送付・受け取りができますので、この秘密鍵はとても重要なもの。
ビットコインの所有者を証明するものになりますので、誰にも知られないようにする必要があります。

仮想通貨カテゴリの最新記事