小学1年生の娘に。ドラえもんはじめての漢字辞典が思ってたのと違った件

小学1年生の娘に。ドラえもんはじめての漢字辞典が思ってたのと違った件

漢字辞典が欲しかったので、
色々検討した結果、ドラえもんはじめての漢字辞典を選び娘に渡しました。

ドラえもんはじめての漢字辞典

ここではドラえもんはじめての漢字辞典を選んだ理由や実際に使ってみてどうだったのかを残したいと思います。

漢字辞典が必要だと思った理由について

この漢字何て読むの?
これって漢字でどう書くの?
だってまだ学校で習ってないもん。

小学1年生の娘と勉強しているとこういった声が出てくる。

こんなとき結局自分で教えられることって、
漢字を書いてあげる、読み仮名を教えてあげるってこと。

でもこれって本人の記憶に残っていない気がするんですよね。
というか、残っていないんですよ。

やっぱり自分で解決する達成感ってめちゃめちゃ大切だと思っています。
いっとき流行ったアハ体験のようなイメージですね。

だから、分からない漢字は自分で見つけてもらうクセを身に着けてもらおうということで漢字辞典をツールとして選びました。

わからない漢字と出会ったときに自分で見つけること。
このクセを身に着けてもらうため。

ドラえもんはじめての漢字辞典を選んだ理由

大切なのはわからない漢字と出会ったときに自分で見つけること。
このクセを身に着けてもらうことです。

うちの娘はそれほど勉強に積極的ではないというのが現状です。。。

なので少しでも興味を持つ方法ということを考えた結果辿り着いたのが、
ドラえもんはじめての漢字辞典でした。

漢字辞典そのものが少し抵抗ありますよね?
俺はあるんです。難しそう、見つけにくそうみたいな。

そんな自分の娘ですからね、思考は似てますよ。

わからない漢字と出会ったときに自分で見つけるために、
いかに見たくなるものであるのか、調べたくなるものであるのか、これが何気に大切なことだと思いました。

数ある中でドラえもんはじめての漢字辞典は娘にとってすごくキャッチーでした。
言わずもがなドラえもんですからね。

ドラえもんはじめての漢字辞典の懸念点

収録している漢字のボリューム。

ドラえもんはじめての漢字辞典の収録数は1,006字。

収録数 ・小学校で学ぶ漢字1,006字

どうでしょう?

わかりやすく他と比較します。

例えば、もうひとつの漢字辞典で迷った三省堂 例解小学漢字辞典。

これの場合収録している漢字はなんと約3,200字だと。

収録数 ・常用漢字2,136字(小学校で学ぶ漢字1,006字を含む)
・全人名用漢字、そのほかの重要な漢字

3倍の差があります。

ここで判断したのは、漢字辞典への興味です。
見たくなるものということに重きを置きました。

結果はのちほど紹介しますが、三省堂 例解小学漢字辞典を選んだ方が良かったなぁと思っています。

これがちょっとなぁ…ドラえもんはじめての漢字辞典

ドラえもんはじめての漢字辞典

実際にドラえもんはじめての漢字辞典が届いてわかったことがあります。

自分が漢字辞典を買おうと思った理由として、
わからない漢字と出会ったときに自分で見つけること。
このクセを身に着けてもらうこと、そういう理由で決めたわけなんですが、

どうもドラえもんはじめての漢字辞典はこれに向いていませんでした。

わからない漢字が調べられない

何が向いていないかというと。

わからない漢字と出会ったときに検索できない。

できないんです。

ページは学年で習う漢字というグループで構成されています。
これが良い悪いではなくて、自分が娘に身に着けてもらいたかったことに向いていなかったということ。

漢字を覚えていきましょう!ということに使うツールとしてはグッドです。
ただ、他の問題集とかやっているときに出会ったわからない漢字を調べるためのツールとしては不向きです。

部首で調べるとか画数で調べるとかできません。

これはきびしいです。
自分の目的からドラえもんはじめての漢字辞典は大きくずれちゃってしましました。

とはいえめっちゃ気に入ってくれてはいます。
読みものとしてはすごく役にたっていますw

漢字の収録数は多い方が良い

実際に使ってもらいました。

問題集をして、わからない漢字、習っていない漢字が出てきたらドラえもんはじめての漢字辞典で調べてみてねと。

結果、いくつかドラえもんはじめての漢字辞典に収録されていない漢字が登場しました。
(もしかすると見つけられなかっただけかもしれないが…)

これすごくもったいないと気づきました。
せっかく娘はわからない漢字をわかろう!という気持ち満々で漢字辞典を開いたのに、まさかの見つからないという結果。

これ何回もこういった体験をしちゃうと心折れますよね。
というか漢字辞典としての信頼を損ねてしまいます。

そうなると漢字辞典を選んだ目的である。

わからない漢字と出会ったときに自分で見つけること。
このクセを身に着けてもらうため。

これが漢字辞典のせいで損なうかもしれないという危機に。。。

やっぱり漢字の収録数は大切だなぁと痛感しました。
というか反省です。

小学1年生の娘に。ドラえもんはじめての漢字辞典が思ってたのと違った件のまとめ

ドラえもんはじめての漢字辞典自体を悪い漢字辞典だとは思いません。
今回自分が漢字辞典を選んだ目的と比較したときに、目的を達成する辞典としては向いていなかったということ。

目的として学年で習う漢字を復習する、予習するとか、漢字自体に親しみを感じてもらうという目的であればドラえもんはじめての漢字辞典はすごく活躍すると思います。

ただ、今回自分が目的としていた、
問題集をこなす最中に出会う、わからない漢字やまだ習っていない漢字と出会ったときに、自分で調べて解決するクセを身に着けてほしいと考えたときには不向きだったということです。

その理由としては、
検索のしやすさや漢字のボリュームという2点が挙げられます。

こう考えると漢字辞典選びでドラえもんはじめての漢字辞典と迷った、三省堂例解小学漢字辞典が向いていたんだろうなと思っています。

ということでこちらを注文するしかないね。

家庭学習カテゴリの最新記事