オトウサンが直面した問題一覧

コンビニで発見!一番強い動物って何?って子供の質問に対する答えがここに!

危険生物 最強王者大図鑑
  • カブトムシとクワガタってどっちが強い?
  • シャチとサメはどっちが強い?

子供たちからこんな質問ありませんか?

毎回オトウサンとしての答えを出すんですが、それに対する純粋な質問にかなり苦戦。

なんで??

だってクワガタはギューってはさめるんやで、
サメの牙ってめちゃくちゃ強いんやろ?

これに対してあれこれ理由を述べようとするものの、ところどころの言葉がわかんないらいしく、なかなか伝えるのには苦労する。
何が苦労って、前も聞いたやん。。。というループシステム。

オトウサンとしての説明がわるいから、腑に落ちていないんだろう。

誰か助けて~。

という気持ちがピークになったままたまたま入ったコンビニにズバリな本が。

■危険生物 最強王者大図鑑


Amazon

子供もついさっきまでどの動物が強い、どの虫が強いという流れもあって興味津々。

手に取らない理由がない。

  • オトウサンの説明下手をフォローしてもらえる
  • 子供の興味関心に対するドストレートなテーマ

税込880円。

  • 動物編、昆虫編、水中編といった分類
  • トーナメント風の構成。1回戦、2回戦、決勝。そして最強は?といった流れ
  • 1対1の戦い、それぞれの特徴を生かした攻防が書かれている。そして最終的な決め手はこうだ!故に勝者はシャチ!といった解説。

子供たちにとって非常にシンプルな内容。

トーナメント風の構成

危険生物 最強王者大図鑑

1対1の対決

危険生物 最強王者大図鑑

なのでのめり込む、のめり込む。

声を出して文章を読んで、「え!?そんなことできるの?」「そんな攻撃できるんだ」と驚きの声を交えながら楽しんでました。

オトウサンも参加して、オトウサンはワニが勝つと思うな、子供は逆にワニガメが勝つで、なんて予想しながら、その理由も話ながら、検証として危険生物 最強王者大図鑑の解説を読む。

そういうことかぁ。親子ともどもに楽しめる本でした。

一緒に読んでいたことも忘れて、その日の夜は息子からどちらが強いクイズも開催されましたw

答え知ってるけどね、すっとぼけたフリしてると、ちゃんと教えてくれるの。

興味って大事だね。

子供の好奇心を促すテーマだから、早く見せてあげなきゃね

いや、こういった類の本があるってのは知ってたんだよ、でも手にとることが無くって。

「今度子供たちに聞かれたら調べたらしいわ」くらいの軽視した態度でね。

今回はちょうどその話をした流れで出会ったもんだから。

見事な出会い。迷いはなかったね。

声に出しながら読んでる姿を見て思ったのが、何度もオトウサンに質問させていたのって良く無かったなと。

知りたい気持ちがあるってことだから、その答えや理解が深まるように誘導してあげなきゃ。

今回みたいな、本とかね。

意欲があるからどんどん読んで、あれこれと理解を深めてくれる。

今回ここは反省。

でもこれにて誰が最強なのか問題、解決。

今後はまた違った出版社の本とか提供してあげよう。

他にもいっぱいあるね、最強・危険動物、類似系の本

今回たまたま、コンビニで出会って手にとったのが「危険生物 最強王者大図鑑」であって、他にもね色々見かけたことはあるんだよね。

もうひとつくらい息子に読んでもらった方がいいんじゃないかなと思ってるので、他もメモしておこう。

これは漫画として読めるってことが読みやすいよね。
後は、スポーツの競技と重ねて、動物のパワーや特技がわかるってのがおもしろそうじゃん。
好奇心そそるテーマだよね。

これも「危険生物 最強王者大図鑑」とかなり似ている。
トーナメント形式での対決。既に見ている構成なのでスムーズに理解も深められるだろうね。

こちらはイラストじゃなくって写真をバンバン使っているところ。
写真で戦っている様子を見せてくれるので、エキサイティングな印象が全然違うよね。
迫力も見るという意味でこれもいいよね。

レビューに記載されている内容なんだけど、

最強動物たちのスペックではなく、メンタルを含めた野生動物の闘い方と生態がわかってとても面白い。主人公達のキャラも魅力的で、展開する冒険も壮大でワクワクする。

メンタルって要素はいいよね、生物のもう一歩深いところに触れられそうで、それが魅力的だなって。

このあたりが次の最強バイブル候補かな。

RELATED POST