初心者がまず初めに知っておきたい仮想通貨の用語集

初心者がまず初めに知っておきたい仮想通貨の用語集

仮想通貨の用語集

仮想通貨やビットコインをやって大儲けするぞ!

と意気込んだ勢いでいざ調べてみたところ、

ん?
これどういう意味?知らなくても大丈夫だよね??え、知らないと損するの???

などなど疑問ばかりが頭の中を埋め尽くし、
大儲けするぞ!と当初のモチベーションがどこかにいってまうほどに疲弊してしまうなんてことになっていませんか。

「もう、ビットコインはいいや」

ちょっと待ちましょう。

まずは初心者の人が最低限これだけの用語がわかっていれば、
仮想通貨の取引の入り口が容易にくぐることができる、初心者のために厳選した、
これだけは最初に知っておきたい仮想通貨の専門用語を、よりわかりやすく解説しましょう。

まずは初心者はこれだけの仮想通貨の用語を知っておけばなんとかなる用語集です。

仮想通貨取引所とは

仮想通貨取引所は、ユーザー間で仮想通貨を取引がおこなえる場所(サイト)のことです。
簡単にいうと、仮想通貨を売買したいユーザーとユーザーを繋いでくれる場所。

ユーザーがそれぞれ売りたい金額、買いたい金額を提示し、マッチすれば取引がおこなえます。

仮想通貨販売所とは

仮想通貨を買ったり、売ったりできる場所(サイト)です。
簡単にいうと、仮想通貨を販売しているお店のようなもの。

取引所がユーザー同士の売買をおこなう場所であるのに対し、販売所では販売所とユーザーの売買をおこなうことができます。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは、もともとは仮想通貨のひとつであるビットコインのために開発された技術。
情報をひとつの場所に集結させて保管するのではなく、たくさんの場所で情報を保管することにより、参加者(コイン保有者)それぞれが情報をシェアし合って、不正が起こるのを防ぐことができます。

ブロックチェーンの技術よって備わっている安全性や信頼性は、ビットコインをはじめとする仮想通貨だけではなく、銀行にも用いられているほど高いものです。

鍵(公開鍵・秘密鍵)とは

仮想通貨にはブロックチェーンという技術が用いられており、ユーザーみんなで不正がおこなわれないように管理しています。

そんな中で、セキュリティを高めるために、公開鍵と秘密鍵という2種類の鍵を使用します。

公開鍵はユーザーみんなに公開されている鍵です。
仮想通貨を取引相手に送金する際は、この公開鍵を使って送金をおこないます。

一方、秘密鍵は自分だけが知っている鍵で、自分の署名のようなものになります。
仮想通貨を送金する際に、この秘密鍵を使うことで「送金に了承した」という証になります。

ただし、あくまではこれは仕組みの話。
実際には、ウォレットを使うことで、秘密鍵や署名などの管理を自動でおこなうことができますので、詳しく仕組みを理解しなくても、取引は問題なくおこなうことができます。

ウォレットとは

ウォレットとは、所有している仮想通貨を保管する場所のことです。

ウォレットは主に4種類あります。

・取引所
・ウェブウォレット
・ソフトウェアウォレット
・ハードウェアウォレット

取引所

取引所のウォレットを使うというのは、その取引所で買った仮想通貨を取引所に保管するということになります。

つまり、自分の仮想通貨を取引所に預けている状態になります。

コインチェックのネム流出の事件がありましたが、これは取引所で保管していたウォレットに入っていたネムが盗難にあったことで起こりました。

ですので、取引所がサイバー攻撃を受けたり、また倒産したりした場合は、ウォレットの仮想通貨を失う可能性があるということになります。

ウェブウォレット

ウェブウォレットはウェブ上で管理できるウォレットです。
無料で提供されているサービスもあります。

こちらも取引所と同様に、ウェブウォレットを運営しているサイト(サービス)がサイバー攻撃を受けたり、また倒産したりした場合は、ウォレットの仮想通貨を失う可能性があるということになります。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットはパソコンやスマホで使えるウォレットで、自分のパソコンやスマホにダウンロードして使用することができます。

狙われるリスクとしては、たくさんの仮想通貨が管理されている取引所やウェブウォレットに比べて低いかもしませんが、絶対に狙われないという保証はありません。
ハッキングを受けたり、ウィルスを送り込まれたりする可能性もあります。

ウィルスに感染してしまうと、秘密鍵を失う可能性もあり、そうなると自分の持っている仮想通貨を取り出す事ができなくなってしまいます。

ハードウォレット

ハードウォレットは1〜2万円程度で購入することができる小さな端末で、ウォレットの中で最も安全性が高いといえます。
パソコンやスマホから切り離して保管できるため、インターネットを通じた不正な侵入を防いで仮想通貨を管理することができます。

ただし、壊れないという保証はありませんので、パスフレーズ等は紙に書いて保管するなど、万が一に備えた対策が必要です。

アルトコイン(オルトコイン)とは

アルトコイン(オルトコイン)はビットコイン以外のすべての仮想通貨(コイン)のことをいいます。

ネムやリップル、イーサリアムなどもアルトコイン(オルトコイン)に分類されます。

板とは

板は仮想通貨の売買の注文が表示されている画面のことをいいます。
買い板には買いの注文が、売り板には売りの注文が、それぞれ並んで表示されています。

取引所での売買の際は、この板で価格を見ながら売買をおこないます。

利確とは

利確とは利益確定の略で、仮想通貨を売って利益を確定することをいいます。

損切りとは

損切りは、買った仮想通貨の価格が下がっている場合に、それ以上に下がるリスクを避けるために売ることをいいます。

損切りのタイミングを上手に見極めておこなえば、損益を最小限におさめることができますし、逆に損切りを上手くおこなえない場合は多くの損失を出してしまう可能性もあります。

ショートポジションとは

ショートポジションは、自分が保有している仮想通貨の価格が下落すると予想して、下落する前に売り出すことをいいます。

ポートフォリオとは

ポートフォリオは自分が所有している仮想通貨の銘柄の割合を、主に円形グラフであらわしたものをいいます。

ホールドとは

ホールドは仮想通貨を保有し続けることをいいます。

ガチホとは

ガチホは買った仮想通貨を手放さずカッチリとホールドすることをいいます。

スプレッドとは

スプレッドは買値と売値の価格差が大き過ぎることをいいます。

アービトラージとは

アービトラージは、取引において割高なものを売り、割安のものを買った際に利益を獲得することをいいます。

仮想通貨は取引所によって価格に若干の差があるため、たとえばA取引所で10.000円で買ったビットコインをB取引所で12.000円で売ってその差額で利益を出すというような感じです。

円建て・BTC建て

円建ては仮想通貨の価値を日本円であらわすこと、BTC建ては日本円をビットコインであらわすことをいいます。

ICOとは

ICOは企業が『トークン』と呼ばれる仮想通貨を発行・販売することで、資金を調達する方法です。

何かの開発や研究するための資金調達の方法として、最新の方法ともいえます。

ハードフォークとは

ハードフォークは仮想通貨の銘柄が2種類に分裂することをいいます。
もともとは技術の改善や仕様を変更するためにルールを変更することを差していましたが、現在ではイーサとイーサクラシックが分裂したように、ひとつの仮想通貨が2種類に分裂することをあらわすことが多く見受けられます。

マイニングとは

マイニングは仮想通貨を掘り出す作業のことをいいます。
マイニングによって仮想通貨を管理することで、報酬としてビットコインを得ることができます。

ゴックスとは

ゴックス(GOX)は、2014年に閉鎖されたマウントゴックス取引所に例えて、取引所が事件や事故などを起こして閉鎖に追い込まれるような事象のことをいいます。

仮想通貨カテゴリの最新記事